初めての方へ

KEY THINGS

3つの大切なこと

FEATURE

描く未来

耕作放棄地ゼロ

耕作放棄地ゼロを目指します。人手不足などの要因により、農地として活用できるはずの土地 42.3 万 ha の耕作放棄地があります。その土地をソーラーシェアリングとして活用することで、限りある資源を有効的に活用できる未来をつくります。

※ 「荒廃農地の現状と対策について」(平成28年4月、農林水産省)

ソラベジで環境貢献

 ソーラーシェアリングによって生産された野菜たち(ソラベジ)は、太陽光発電によって作られたクリーンな電力のみを使用しているため、地球環境にとって良い野菜であると言えます。

 自宅の電力消費量を少なくすることも大切ですが、摂取するものも環境に良いものを利用し、電気も食べ物もクリーンな電力によってつくられたものを使う、新しいライフスタイルを提案します。

農家さんが稼げるモデル

 ララキノコでは初期投資を抑えることで農家さんが稼げるモデルを構築します。ソーラーシェアリングにより発電した電力を燃料等として活用することで支出を抑えることが可能です。さらに、次世代型ソーラーハウスをレンタルすることで少ない資金からでもソーラーシェアリングをスタートできます。

また、新規認定就労者の資格取得についてもサポート可能です。

SOLAVEGE

ソラベジ

地球にいいこと、ソラベジ

環境貢献

 ソラベジは、食べるだけで地球環境に貢献できる野菜です。通常のハウス栽培にかかるエネルギーをすべて太陽光発電パネルから供給することで、CO2排出の削減に貢献しています。さらに、普段食べる野菜を3日間ソラベジに変えるだけで、ご家庭の※消費電力約1日分の電力を生み出すために使われた同量のCO2を削減したことになります。ソラベジは、あなたの体にも地球にもやさしい野菜です。

ソラベジで「あなた」と「地球」にいいことしませんか?

※ 3人家族, 1日の消費電力を12.2kWhとしています

SOLAR SHARING

ソーラーシェアリング

メリット

 太陽光発電と農業の2つの柱にすることで、収益率が増加します。具体的には、太陽光発電で生み出した電力を自家消費することで燃料費等の支出を抑えることが可能です。また、LALAキノコでは次世代型ソーラーハウスをレンタルすることが可能となっているため、1年目から収益を上げやすく、ソラベジを生産することにより販路の確保も必要なくなることからより農業に専念することが可能です。

デメリット

 台風や地震などの天災により、太陽光発電施設に損傷が発生するリスクがあります。また、盗難による人的リスクについても考慮する必要がありますが、保険に加入することでリスクに備えることが可能です。